C++

静的なメンバ定数を参照するとリンクエラーとなる

C++

クラス内にstatic constexpr Tで宣言した定数を、std::vector::emplace_back()関数とかに渡すと、リンクエラーになる場合があります。 ミニマムなコードとしては、以下のようになります: struct X { static constexpr int x = 3; }; template <class T> void f(T&&) </class>…

書籍 C++ Templates: The Complete Guide, 2nd Edition

C++ Templates: The Complete Guide, 2nd Edition - InformIT C++ Templates: The Complete Guide (2nd Edition) - Amazon.co.jp 書籍『C++ Templates: The Complete Guide』の第2版が発売しました。 初版はC++03でしたが、今回の改訂でC++17対応しています。…

Boost 1.65.1リリース

C++

Version 1.65.1 - Boost C++ Libraries Boost 1.65.1リリースノート - boostjp Boost 1.65.0に重大なバグが何件かあったため、パッチバージョンアップしたBoost 1.65.1がリリースされました。1.65.0はスキップして1.65.1を使用してください。 1.65.1のリリー…

Boost 1.65.0リリース

C++

Version 1.65.0 - Boost C++ Libraries Boost 1.65.0リリースノート - boostjp Boost 1.65.0がリリースされました。リリースノートの日本語訳は、いつものようにboostjpサイトで公開しています。 新ライブラリとして、PolyCollectionとStacktraceが追加され…

標準C++の欠陥解決は、過去のバージョンに遡って適用される

C++

C++17で入る予定の、可変引数でミューテックスを受け取ってスコープを抜けたらロック解除するscoped_lockクラスですが、C++17がDIS (Draft International Standard) の段階になり、仕様の手直しがもうほぼできない段階になってから、引数順の変更が行われま…

インクルードするディレクトリをマクロ定数として持つ

C++

とある事情から「インクルードするディレクトリが長いので何度も書きたくない」という状況になり、インクルードするディレクトリをマクロ定数に持って、インクルードするファイル名と連結してインクルードしたい、ということがありました。 そんなときの対応…

C++17標準ライブラリの細かい変更いろいろ その1

C++

最近cpprefjpに書いたものを列挙します。 assertマクロがconstexpr関数内で使用できるようになった std::next()関数のイテレータ要件がForward IteratorからInput Iteratorに緩和された std::addressof()がconst T&&の引数を禁止にした。addressof<const T>(T())のよ</const>…

標準ライブラリの実装で追加のnoexceptが付いている場合がある

C++

標準ライブラリの仕様でnoexceptが付いているものは、実装にもnoexceptを付けることが求められます。 しかし、標準ライブラリの仕様でnoexceptが付いていない場合、実装にnoexceptを付けないことは求められません。 たとえば、libc++のstd::vectorクラスでは…

Boost 1.64.0がリリースされました

C++

Version 1.64.0 - Boost C++ Libraries Boost 1.64.0リリースノート - boostjp Boost 1.64.0がリリースされました。リリースノートを日本語翻訳したものは、いつものようにboostjpサイトで公開しています。 新ライブラリ Process マルチプラットフォームで動…

C++1zの言語拡張まとめ

2017年中に改訂される予定のC++14の次のバージョン、仮称C++1zの更新内容をまとめました。正式名称はISO/IEC 14882:2017、通称C++17になる予定です。 C++1zの概要 C++17は、C++11ほど大きな変更はありませんが、重要な言語機能(構造化束縛とか)や、広く適用…

C++1z using宣言のパック展開

C++

using宣言 (using-declaration) には、2つの用途があります: メンバ関数を、基本クラスと派生クラスでオーバーロードする 識別子の名前空間を省略できるようにする これらusing宣言に指定する識別子が、ひとつだけでなく、カンマ区切りで複数指定できるよう…

C++1z shared_ptr::use_count()の仕様を明確化し、unique()を非推奨化

C++

std::shared_ptrクラスのメンバ関数use_count()とunique()は参照カウンタがいくつあるか (リソースを共有しているユーザーが何人いるか) を返すもので、デバッグ目的にしか使用しません。また、複数スレッドから使用するには、仕様が不明確でした。 use_coun…

C++1z shared_ptrの配列対応

C++

C++1zでは、unique_ptr<T[ ]>と同様に、shared_ptrもテンプレート引数をshared_ptr<T[ ]>もしくはshared_ptr<T[N]>のように指定することで、配列を扱えるようになります。 std::shared_ptr<double[1024]> p1 {new double[1024]}; std::shared_ptr<double[]> p2 {new double[n]}; // 添字アクセス double</double[]></double[1024]></t[n]></t[></t[>…

C++1z Chronoライブラリ durationクラスとtime_pointクラスの変更操作をconstexpr対応

C++

ChronoライブラリはC++11, C++14と段階的にconstexprの対応を進めてきました。C++1zでは、durationの変更操作、time_pointの変更操作が全てconstexpr対応します。 template <class Rep, class Period = ratio<1>> class duration { public: constexpr duration& operator++(); constexpr duratio</class>…

C++1z char_traitsのconstexpr対応

C++

C++1zでのstring_viewの追加にともない、その実装に必要なstd::char_traitsクラスの一部メンバ関数がconstexprに対応します。 constexpr対応するのは、以下のメンバ関数です: static constexpr int compare(const char_type* s1, const char_type* s2, size…

C++1z 値のコピー省略を保証

C++

関数の戻り値のコピーを発生させない手法として、RVO (Return Value Optimization) やNRVO (Named Return Value Optimization) といった最適化がありました。 // RVOの最適化が動作した場合 struct Foo {}; Foo foo() { return Foo(); } Foo x = foo(); // F…

整数を、任意の基数の文字列に変換する

C++

除算と剰余で作れる。テーブルを拡張すれば何進数でもいける。 #include <iostream> #include <cassert> #include <string> #include <sstream> template <class Integer> std::string to_base_string(Integer x, int base) { assert(base >= 2 && base <= 16); if (x == 0) return "0"; const std::string table</class></sstream></string></cassert></iostream>…

浮動小数点数を2の乗数で割る

C++

a/bをする場合、bが2の乗数であれば「aの指数 - log2(b)」で除算ができます。 #include <iostream> #include <bitset> #include <cstdint> #include <cassert> #include <cmath> union SingleFloat { float value; struct { int fraction : 23; int exponent : 8; bool sign : 1; } parts; }; SingleFloa</cmath></cassert></cstdint></bitset></iostream>…

Boost 1.63.0がリリースされました

C++

Version 1.63.0 - Boost C++ Libraries Boost 1.63.0リリースノート - boostjp Boost 1.63.0がリリースされました。リリースノートはいつものように、翻訳・情報補完したものをboostjpサイトで公開しています。 このバージョンは、まだリリースされていないV…

Nが2の何乗かを調べる

C++

C++11から標準数学ライブラリに入ったstd::log2()関数を使えば、Nが2の何乗かを取得できます。 #include <iostream> #include <cmath> int main() { std::cout << std::log2(4.0) << std::endl; std::cout << std::log2(8.0) << std::endl; // 8は2の3乗 std::cout << std::lo</cmath></iostream>…

C++11 標準ストリームへの出力はスレッドセーフ

C++

本記事の本題とする、「一回の書き込みにすれば排他制御は必要ない」という部分が誤りであったため、本記事を取り下げます。 C++11から標準ライブラリに、並行プログラミングのための各種機能が入った影響は、入出力のライブラリにもあります。スレッドの存…

C++1z if constexpr文

C++

C++1zから、コンパイル時条件によって分岐するif constexpr文が導入されます。これにより、再帰やヘルパ関数を書かなくて済むケースが多くなります。 D言語にあるstatic if文のようなものです。 template <class T, class... Rest> void g(T&& p, Rest&&... rs) { if constexpr (size</class>…

C++1z 非推奨だった古い例外仕様を削除

C++

C++11でnoexceptが導入されたことによって非推奨になっていたthrowキーワードによる関数の例外仕様が、C++1zで削除されます。 throwキーワードによる例外仕様とは、void f() throw(std::runtime_error)のように、その関数がどの種類の例外を送出する可能性が…

C++1z 例外仕様を型システムの一部にする

C++

C++1zからは、noexceptによる関数の例外仕様が、型の一部として扱われるようになります。 互換性のためにnoexceptな関数ポインタから非noexceptな関数ポインタには変換できます。しかし、非noexceptな関数ポインタからnoexceptな関数ポインタには、変換でき…

C++11 最近接偶数への丸め

C++

C++11では<cmath>にいろいろ関数が追加されていますが、丸め演算も増えています。 C++11で最近接偶数への丸めを使いたい場合は、std::nearbyint() (near by int)という関数がありますので、それを使いましょう。 #include <iostream> #include <cmath> int main() { std::cout << std</cmath></iostream></cmath>…

C++1z 畳み込み式

C++

C++1zでは、「畳み込み式 (Fold expressions)」という機能が入ります。これは可変引数テンプレートのパラメータパックに対して集計操作を行うためのものです。 たとえば、整数のシーケンスを与えてその合計値を求める計算は、以下のように書けます: #includ…

C++1z トライグラフを削除

C++

C言語から引き継がれた「トライグラフ (trigraph)」という機能は、ASCIIより小さなISO/IEC 646という文字コードでもプログラムが書けるように用意された機能で、いくつかの文字の代替表現を使用できるようにするものです。 トライグラフ表現 置き換え後の文…

C++1z 構造化束縛

C++

C++1zから、タプルやクラスを分解する「構造化束縛 (Structured Binding)」という機能が入ります。他の言語では多重代入のように呼ばれているもので、C++11標準ライブラリのstd::tie()関数の代わりとして使用できます。 以下は、タプルを返す関数の戻り値を…

C++1z 単一要素の波カッコ初期化をTに推論する

C++

単一要素の波カッコ初期化(braced init list)を、(代入構文ではなく)直接autoで受けた場合のルールが、以下のように変更になります: auto a {1}; // C++14まではinitializer_list<int> // C++1zではint auto b {1, 2}; // C++14まではinitializer_list<int> // C++1z</int></int>…

C++1z if文とswitch文の条件式と初期化を分離

C++

for文が for (初期化式; 条件式; 加算式)になっているのと同様に、if文とswitch文にも、条件式の前準備としての初期化式をif (初期化式; 条件式)のように書けるようになります。 // mapへの要素挿入 if (auto p = m.try_emplace(key, value); !p.second) { /…