読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++14のドラフト仕様更新

C++

N3797: Working Draft, Standard for Programming Language C++


C++14になる予定のドラフト仕様が更新されました。変更内容は以下を参照:

N3798 C++ Editor's Report, October 2013


変更の要約
追加:

  • deprecated属性
  • 数値リテラルの桁区切り文字(シングルクォーテーション)
  • サイズ付きのデアロケーション
  • std::complexの標準ユーザー定義リテラル(i)
  • ヘッダのconstexpr対応
  • 並行モデルの、out of thin airの規定
  • std::async()が返すfutureのデストラクタの挙動を明確化

削除(C++14リリース後のTechnical Specificationに移動):

  • optional
  • 実行時サイズの配列( int ar[n]; )
  • dynarray


編集履歴

  • 2013/10/16 21:33 : 変更内容に、「std::async()が返すfutureのデストラクタが、ブロッキングしないよう変更(破壊的変更)」と書いていましたが、これは理解が間違っていました。「std::async()が返すfutureのデストラクタの挙動を明確化」に修正しました。