Clang 3.5からはc++14オプション

これまでC++14の機能は-std=c++1yオプションで使用できていましたが、Clang 3.5から-std=c++14オプションが追加されます。(Clang 3.5のリリースブランチにマージされている)