読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Parallel Pattern Library

VC++

VC++10(VS2010)では、 Parallel Pattern Library (PPL) というのが提供されます。
これは並列処理を行うためのライブラリです。


インクルードするのは で、名前空間は Concurrency です。


まず、 std::for_each の並列処理版である parallel_for_each

template <typename InputIterator, typename Function>
Function parallel_for_each(InputIterator first, InputIterator last, Function func);

// ※本当は _Input_iterator _First, ... のようになってますが、読みやすいように勝手に直してます。
#include <iostream>
#include <vector>
#include <ppl.h>

using namespace std;
using namespace Concurrency;

int main()
{
    vector<int> v;

    for (int i = 0; i < 10; i++) {
        v.push_back(i);
    }

    parallel_for_each(v.begin(), v.end(), [](int i) { cout << i << endl; });
}
5
6
7
8
9
0
1
2
3
4

順番を気にせず、高速に全要素を処理を行いたい場合は役立つでしょう。



次に、 for文に相当する並列処理関数 parallel_for

template <typename IndexType, typename Function>
Function parallel_for(IndexType first, IndexType last, IndexType step, Function func);
#include <iostream>
#include <vector>
#include <ppl.h>

using namespace std;
using namespace Concurrency;

int main()
{
    vector<int> v;

    for (int i = 0; i < 10; i++) {
        v.push_back(i);
    }

    parallel_for(0, 10, 1, [](int i) { cout << i << endl; });
        // for (int i = 0; i < 10; i += 1) と同じ
}
8
9
5
6
7
3
4
0
1
2


あとは、複数の関数を並列的に実行する parallel_invoke

template <typename... Functions>
void parallel_invoke(Functions&... funcs);

// ※VC++10 CTP時点では可変引数テンプレートではなく Function1 〜 Function10 のオーバーロードを作成しています
#include <iostream>
#include <array>
#include <functional>
#include <ppl.h>

using namespace std;
using namespace std::tr1;
using namespace Concurrency;

int main()
{
    array<function<void()>, 5> f = {
        []{ cout << 1 << endl; },
        []{ cout << 2 << endl; },
        []{ cout << 3 << endl; },
        []{ cout << 4 << endl; },
        []{ cout << 5 << endl; }
    };

    parallel_invoke(f[0], f[1], f[2], f[3], f[4]);
}
5
4
3
2
1


他にもいろいろあるみたいなので、わかったらまた書きます