読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++1z 非推奨だったauto_ptr, random_shuffle, 古い<functional>の機能を削除

C++

C++1zでは、非推奨(deprecated)になっていた以下の機能が削除されます。既存のコードでこれらの関数を使用していた場合、コンパイルが通らなくなりますのでご注意ください。

古いスマートポインタ

  • std::auto_ptrクラス

C++11から非推奨。

代わりにstd::shared_ptrクラスやstd::unique_ptrクラスを使用してください。

古いバインダ

  • std::bind1st()関数
  • std::bind2nd()関数
  • std::binder1stクラス std::binder2ndクラス

C++11から非推奨。

代わりにstd::bind()関数もしくはラムダ式を使用してください。

関数ポインタから関数オブジェクトへの変換

  • std::ptr_fun()関数
  • std::pointer_to_unary_functionクラス std::pointer_to_binary_functionクラス

C++11から非推奨。

first_argument_typesecond_argument_typeといった型が必要なくなったため、これらの関数を使うことがなくなりました。

メンバ関数から関数オブジェクトへの変換

  • std::mem_fun()関数
  • std::mem_fun_ref()関数
  • std::mem_fun_tクラス
  • std::mem_fun1_tクラス
  • std::mem_fun_ref_tクラス
  • std::mem_fun1_ref_tクラス
  • std::const_mem_fun_tクラス
  • std::const_mem_fun1_tクラス
  • std::const_mem_fun_ref_tクラス
  • std::const_mem_fun1_ref_tクラス

C++11から非推奨。

代わりにstd::mem_fn()関数、std::bind()関数、ラムダ式といった機能を使用してください。

古いシャッフル関数

C++14から非推奨。

代わりにstd::shuffle()関数を使用してください。

参照

お断り

この記事の内容は、C++1zが正式リリースされる際には変更される可能性があります。正式リリース後には、C++日本語リファレンスサイトcpprefjpの以下の階層の下に解説ページを用意する予定です。