読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++1z タプルを任意の型のオブジェクトに変換するmake_from_tuple関数

C++

タプルを展開して関数呼び出しするapply()関数の導入に合わせて、タプルを任意の型に変換するmake_from_tuple()関数が導入されます。

apply()関数ではオブジェクトの構築までカバーができない(コンストラクタを呼び出せない)ので、そのコーナーケースをカバーするのが目的です。

この関数は、引数のタプルを展開して、テンプレートパラメータの型Tのコンストラクタ引数として渡し、T型のオブジェクトを構築して返します。

make_from_tuple()相当のことは、std::pairクラスのpiecewiseコンストラクタがすでに行っています。(参照 : 「pairのpiecewise construction」)

また、make_from_tuple()は、Boost.Fusionのcopy()アルゴリズムに相当します。ユースケースとして、構文解析の結果となる「異なる型が混在した値のシーケンス」を受け取りたい結果型に変換するためにも使用できるでしょう。

#include <iostream>
#include <string>
#include <tuple>

struct Person {
    int id;
    double bodyHeight;
    std::string name;

    Person(int id, double bodyHeight, const std::string& name)
        : id(id), bodyHeight(bodyHeight), name(name) {}
};

int main()
{
    std::tuple<int, double, std::string> t(1, 152.3, "Alice");
    Person p = std::make_from_tuple<Person>(t);

    std::cout << p.id << std::endl;
    std::cout << p.bodyHeight << std::endl;
    std::cout << p.name << std::endl;
}

宣言

// <tuple>
namespace std {
  template <class T, class Tuple>
  constexpr T make_from_tuple(Tuple&& t);
}

参照

お断り

この記事の内容は、C++1zが正式リリースされる際には変更される可能性があります。正式リリース後には、C++日本語リファレンスサイトcpprefjpの以下の階層の下に解説ページを用意する予定です。