読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++1z オブジェクトをconstにするas_const関数

C++

C++1zから<utility>ヘッダに、as_const()関数テンプレートが追加されます。

この関数は、引数として渡されたオブジェクトをconstにします。その際、オブジェクトのコピーは発生しません。また、この関数に右辺値は渡せません。

#include <iostream>
#include <utility>

int main()
{
    std::string a = "hello";
    const std::string& b = std::as_const(a); // 非constの左辺値をconstにする
    const std::string& c = std::as_const(b); // const左辺値をそのまま返す
//  const std::string& d = std::as_const(std::move(a)); // コンパイルエラー
}

この関数は、constと非constオーバーロードがあった場合に、const版を意図して呼び出すことを目的としているのだそうです。

言語組み込みのconst_cast命令はconst (とvolatile)の付け外しができますが、こちらはconstを付けることしかできません。

宣言

// <utility>
namespace std {
    template <class T>
    constexpr add_const_t<T>& as_const(T& t) noexcept;

    template <class T>
    void as_const(const T&&) = delete;
}

参照

お断り

この記事の内容は、C++1zが正式リリースされる際には変更される可能性があります。正式リリース後には、C++日本語リファレンスサイトcpprefjpの以下の階層の下に解説ページを用意する予定です。