読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Boost.Log ファイルにログを出力する

C++

ログにファイルを出力するには、ヘッダで定義される、boost::log::add_file_log()関数を使用します。

#include <boost/log/trivial.hpp>
#include <boost/log/utility/setup/file.hpp>

int main()
{
    boost::log::add_file_log("log.txt");

    BOOST_LOG_TRIVIAL(trace) << "A trace severity message";
    BOOST_LOG_TRIVIAL(debug) << "A debug severity message";
    BOOST_LOG_TRIVIAL(info) << "An informational severity message";
    BOOST_LOG_TRIVIAL(warning) << "A warning severity message";
    BOOST_LOG_TRIVIAL(error) << "An error severity message";
    BOOST_LOG_TRIVIAL(fatal) << "A fatal severity message";
}

これを実行すると、log.txtというファイルが新たに作られ(追記モードではない)、そのファイルに以下のログが出力されます。

A trace severity message
A debug severity message
An informational severity message
A warning severity message
An error severity message
A fatal severity message

add_file_log()で他のファイル名も登録すれば、複数ファイルに同時にログを出力できます。