読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非自明なデフォルトのデストラクタは暗黙にnoexcept

C++

先日comp.std.c++に投稿したときに教えてもらって知りました。
暗黙定義される自明(trivial)なデストラクタはnoexceptとなるのですが、明示的にデフォルト定義した非自明(non trivial)なデストラクタはnoexceptを指定する必要がなく暗黙にnoexceptとなるそうです。


以下のプログラムのCクラスがそれです。

struct A {
    // trivial destructor, noexcept
};

struct B {
    // non trivial destructor, explicit noexcept
    ~B() noexcept = default;
};

struct C {
    // non trivial default destructor, implicit noexcept
    ~C() = default;
};

struct D {
    // non trivial destructor
    ~D() {}
};

/*
struct E {
    ~E() noexcept(false) = default; // error!
};
*/

int main()
{
    A a;
    B b;
    C c;
    D d;

    static_assert(noexcept(a.~A()), "");
    static_assert(noexcept(b.~B()), "");
    static_assert(noexcept(c.~C()), "");
    static_assert(noexcept(d.~D()), "");
}

余談ですが、デストラクタをデフォルト定義してnoexcept(false)するとコンパイルエラーになるようです。


missing description : error_category's destructor - comp.std.c++