読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boost::variantの値をクリアする

C++

Boost.VariantにはNever Empty保証という考え方があり、一度値を入れてしまうと、他の値を入れることはできてもクリアすることはできません。

#include <iostream>
#include <string>
#include <boost/variant.hpp>

int main()
{
    boost::variant<int, std::string, double> v; // デフォルトコンストラクトはできる
    v = 3;

//  v.clear(); // そんな関数はない
}


どうしてもクリアしたい場合は、boost::blankという型をvariantに格納できるように指定します。
これは単なる中身が空のクラスです。あとは、variant::which()やvariant::type()を使用して空かどうかを判定します。

#include <iostream>
#include <string>
#include <boost/variant.hpp>

int main()
{
    boost::variant<boost::blank, int, std::string> v = boost::blank();
    v = 3;

    v = boost::blank();

    if (v.type() == typeid(boost::blank)) {
        std::cout << "blank" << std::endl;
    }
    else {
        std::cout << "no blank" << std::endl;
    }
}
blank