読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

C++0xにおけるLambdaとClosureの用語の定義

Lambda

Lambda expression or lambda function: an expression that specifies an anonymous function object

ラムダ式 or ラムダ関数 : 無名の関数オブジェクトを示す式


Closure

Closure: An anonymous function object that is created automatically by the compiler as the result of
evaluating a lambda expression. Closures consists of the code of the body of the lambda function and
the environment in which the lambda function is defined. In practice this means that variables referred
to in the body of the lambda function are stored as member variables of the anonymous function object,
or that a pointer to the frame where the lambda function was created is stored in the function object.

クロージャ : ラムダ式コンパイラによって評価された結果として自動的に生成される無名関数オブジェクト。
クロージャは、ラムダ関数本体のコードと、ラムダ関数が定義された環境から構成される。
実際、これはラムダ関数の記述内で参照される変数が、無名の関数オブジェクトのメンバ変数として
保持されるか、あるいは、ラムダ関数が生成されたフレームへのポインタが、(無名の)関数オブジェクトに保持されることを意味する




N2550 Lambda Expressions and Closures: Wording for Monomorphic Lambdas (Revision 4)

ラムダ式(N2550)