読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shared_ptrを使用してnewで生成したインスタンスを戻り値にする

ユーザーに提供する関数では基本的に、newで生成したインスタンスを戻り値にしてはいけない
(ユーザーが必ずdeleteしてくれることを期待してはいけない)

#include <iostream>

using namespace std;

struct base {
    virtual base() {}
    virtual void disp() const { cout << "base" << endl; }
};

struct derived : public base {
    virtual derived() {}
    virtual void disp() const { cout << "derived" << endl; }
};

base* factory()
{
    return new derived;
}

int main()
{
    base* p = factory();
    p->disp();

    delete p; // 解放忘れるかも

    return 0;
}

だが、shared_ptrのようなスマートポインタを使用すれば話は別だ

#include <iostream>
#include <memory>

using namespace std;
using namespace std::tr1; // C++0xではこの行は不要(std::shared_ptrになる予定なので)

struct base { ... };
struct derived : public base { ... };

shared_ptr<base> factory()
{
    return shared_ptr<base>(new derived);
}

int main()
{
    shared_ptr<base> p = factory();
    p->disp();

    return 0; // 使い終わったら必ずdelete
}


shared_ptrを使用すれば、生成系のデザインパターンがわりと簡単(安全)に実装できる