読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Clang 3.5からはc++14オプション

r215982 - C++1y is now C++14! c++14 - compilers.clang.devel これまでC++14の機能は-std=c++1yオプションで使用できていましたが、Clang 3.5から-std=c++14オプションが追加されます。(Clang 3.5のリリースブランチにマージされている)

LLVM/Clang 3.3リリース - C++11全実装バージョン

Clang 3.3 Release Notes Clang 3.3がリリースされました。 このバージョンでは、C++11の継承コンストラクタ、thread_localキーワード、属性(noreturn、carries_dependency、それとalignas)が実装され、C++11の言語機能に完全対応しました。 carries_depende…

ヘッダファイルが存在するかどうかをチェックする(Clang)

Clangには、__has_include()という特殊なプリプロセス時判定機能があるようです。 // <atomic>ヘッダを持っているかチェックする #if defined( __clang__ ) #if __has_include( <atomic> ) // ... #endif #endif Clangは、使用する標準ライブラリを切り替えられることもあっ</atomic></atomic>…